PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.07.25 「H21年度災害対応セミナー」に協力・参加

趣旨:普段からの「顔の見える関係」づくりを目指し
   災害時に円滑かつ効果的なボランティア活動が展開できるよう
   講演と演習を通して学ぶことを目的とする

主催:社会福祉法人市原市社会福祉協議会
   市原市ボランティア連絡協議会
   (協力 市原市災害ボランティアネットワーク)

日時:平成21年7月25日(土) 9時45分~16時00分

会場:市原市姉崎保健福祉センター(アネッサ) 体育館

参加者 ・市原市ボランティア連絡協議会会員
      ・一般市民(町会、自主防災会、ボランティア関係者など)
      ・市原市社会福祉協議会支部関係者
      ・市原市社会福祉協議会職員
      ・県内近隣社会福祉協議会職員      総勢約120名

<午前の部> 講師:生活共同組合ちばコープ理事長スタッフ 水島重光氏
  「災害時における地域での助け合い活動と社協の役割」

水島マップシュミレーションワークショップ
  講演の後は 各班でのワークショップ”MAPシュミレーション”

<昼食>非常食の試食
P1010041.昼食jpg

アルファ米:手軽で美味しい
おかずの缶詰:少々甘いが良く味が染み込んでいる
           ・・・汁が多かった
パンの缶詰:美味しいが喉が渇く感じ
クラッカー(リッツ):普段から食べ慣れているのでGOOD!


<午後の部> 講師:社会福祉法人匝瑳市社会福祉協議会 清藤伸氏
  演習「ボランティアセンター立上げ運営訓練」

受入側打合せⅠ受入側打合せⅡ
  座学を終えワークショップ開始。ボランティア受入担当グループが打合せを始める

白尾オリエンテーション
一方駆けつけボランティア側は
ボランティアの心得を学ぶ

  ・被災地に負担をかけない
  ・自分にことは自分で守る
  ・最低限のマナーを忘れない


看板受付班
  駆けつけたボランティアさんへ感謝のメッセージ…
       右は受付班:ここでは受付票チェック・登録・保険の確認、手続きをおこなう

V募集票ⅡV募集票
  自分の名を書いたポストイットを自分に合ったボランティア募集票に貼る

待機活動支援班
  待機後、活動グループが決まれば話し合ってリーダーを決める
        ボランティア派遣・活動報告書や地図等を受け取る

出発前オリエンテーション機材貸し出しⅡ
  グループでミーティング、又スタッフより活動内容や注意事項等説明を受ける
       右は資機材貸付班:ここで必要な資材を受取り活動先へ出発。 

**ボランティア活動**

お疲れ様でした!
帰着したら資材返却後、活動内容などについてスタッフとミーティングを行い、リーダーは活動報告書をスタッフに提出する。余裕があれば再度活動選択に移動し待機する。1日のボランティアが終了したら”ボランティア登録証”を返却する。

このような流れの演習を班を入れ替えて行った。この演習も今年で三年目。わがままなボランティア役に悩まされながらも、その対応ぶりに継続の大切さを感じた次第です。

全体写真s

| 活動報告 | 10:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。