PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第7回 非常食炊き出し・試食他

①ロープワーク
②ハイゼックス米の炊き出しを体験


ハイゼックス米とは・・・

ハイゼックスという袋にお米と水を入れて炊いたもので、非常用保存食として、衛生的で保存性に優れた調理方法です。

--特長--

飲めない水ででも炊ける。
中に水を通さないので、釜の水が汚くても(雨水、風呂の残り湯など)、炊くことが出来ます。

手や食器を汚さず食べられる。
炊き出しというと、大きな釜でご飯を炊くという、イメージがあります。
その場合、鍋の底に出来た「おこげ」を取ったり、食器を洗ったりするのに、大量の水が必要ですが、この袋を使えば、洗い水は必要としません。
配膳時のボランティアなどの負担軽減にもなります。

配給しやすい。
量も決まっているので、みんな平等に配給できます。


これがハイゼックス袋です。
061217-4.jpg

いろいろな種類の袋があるようです。
今回使用したのは2種類。
左:市販品  右:市原市からの提供品



では、早速作ってみましょう!

お湯を沸かしましょう!

パスタなべや蒸し器など深めのなべを用意する。
(深さが12cm以上あるとよい)
直径約21cmのなべで2袋を同時に炊けます。



袋にお米と水を入れる
061217-1.jpg

袋に お米1合ときれいな水180ccを入れます。

無洗米ならお米を研がなくていいので、貴重な水の節約にもなりますね。

ポイント
食塩水を入れれば、おにぎり用。
梅干を入れれば、保存用。
など、中に入れるものによって、味を変えることも出来ます。



袋の口を縛る
061217-2.jpg


お米と水を入れたら、袋の中の空気を押し出すように、袋の口を輪ゴムで縛ります。
袋自体で口を縛ってもOKです。
空気が入っていると破裂の原因になります。



鍋に入れて、中火で30分!
061217-3.jpg

お湯が沸騰したら炊飯ポリ袋を入れ、ふたをして中火で30分炊く。
鍋の底に袋が触れると破れることがあるので、鍋底にざるなどを敷くと破袋防止になります。
火力が強すぎると破袋することがあるので注意する。



火を止め、5分蒸らす
061217-5.jpg

30分炊いたら火を止めて、湯の中に入れたま5分蒸らして出来上がり。
新たに次の調理に取り掛かる場合は、取り出しても良い。
タオルでくるんだり、別の容器に入れたりなど、熱を逃がさないようにすればなお良い。



初めての炊き出しにしては、うまく炊けました。
アルファ米・クッキー等も試食しました。

おまけに差し入れの手造りベーコンも頂きました。

この方法は、災害時だけではなく、キャンプの時にでも使えますね。

| 活動報告 | 13:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。