PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011.05.31鴨川青年の家慰問

東日本大震災の被災により、今尚危険な状態が続く福島第一原発
放射能漏れの為避難を余儀なくされた、多くの周辺住民。

千葉県鴨川市の県立青年の家にも、福島県南相馬市や周辺の授産施設から
約240名の知的発達障害をもつ人達が、職員と共に避難してきました。
重度の障害を持つ人もおり、一般の避難所には受け入れされずここ鴨川に落ち着くまで
福島県内を転々としてこられたそうです。

そんな鴨川での避難生活も2ヶ月以上となります。
そこで、スポーツを通じて疲労感やストレスの軽減を図って頂きたく
「チーム市原・元気隊」 が支援に向かいました。

青年の家集合
2011_0531鴨川青年の家0016


鬼ごっこ
鬼ごっこ


休憩タイム  手作りフルーツあんみつ♪
あんみつ準備 あんみつどうぞ!

風船バレー
風船バレー

メダルとタオルのプレゼント
メダルとタオル

半日という短い時間の支援でしたが、終わるころには表情もほころんで
別れを惜しむように一緒にスナップ写真をとったり話をしたり・・・
もう少し時間がほしかったと思いました。

この日参加してくれたのは約130名、あとの100余名は重篤な障害を持った方、体調の優れなかった方など。
生活が一変した障害を持った方々のみならず、職員の皆さんもきっとお疲れの事と感じました。
7月の夏休み前には、ここの施設も出なければならないと耳にしました・・・
それは、夏休みに県民が利用する為?なんでしょうか


「チーム市原・元気隊」 参加協力団体
  市原市心身障害者福祉団体連絡協議会(バリアフリースポーツ部門)
  市原市傾聴の会「ひだまり」
  市原市ボランティア連絡協議会
  市原NPO協議会
  千葉銀Vクラブ(タオル提供)
  市原市災害ボランティアネットワーク
      活動支援金より ガソリン代・手作りフルーツあんみつ300食




| 活動報告 | 13:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。