2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011.05.31鴨川青年の家慰問

東日本大震災の被災により、今尚危険な状態が続く福島第一原発
放射能漏れの為避難を余儀なくされた、多くの周辺住民。

千葉県鴨川市の県立青年の家にも、福島県南相馬市や周辺の授産施設から
約240名の知的発達障害をもつ人達が、職員と共に避難してきました。
重度の障害を持つ人もおり、一般の避難所には受け入れされずここ鴨川に落ち着くまで
福島県内を転々としてこられたそうです。

そんな鴨川での避難生活も2ヶ月以上となります。
そこで、スポーツを通じて疲労感やストレスの軽減を図って頂きたく
「チーム市原・元気隊」 が支援に向かいました。

青年の家集合
2011_0531鴨川青年の家0016


鬼ごっこ
鬼ごっこ


休憩タイム  手作りフルーツあんみつ♪
あんみつ準備 あんみつどうぞ!

風船バレー
風船バレー

メダルとタオルのプレゼント
メダルとタオル

半日という短い時間の支援でしたが、終わるころには表情もほころんで
別れを惜しむように一緒にスナップ写真をとったり話をしたり・・・
もう少し時間がほしかったと思いました。

この日参加してくれたのは約130名、あとの100余名は重篤な障害を持った方、体調の優れなかった方など。
生活が一変した障害を持った方々のみならず、職員の皆さんもきっとお疲れの事と感じました。
7月の夏休み前には、ここの施設も出なければならないと耳にしました・・・
それは、夏休みに県民が利用する為?なんでしょうか


「チーム市原・元気隊」 参加協力団体
  市原市心身障害者福祉団体連絡協議会(バリアフリースポーツ部門)
  市原市傾聴の会「ひだまり」
  市原市ボランティア連絡協議会
  市原NPO協議会
  千葉銀Vクラブ(タオル提供)
  市原市災害ボランティアネットワーク
      活動支援金より ガソリン代・手作りフルーツあんみつ300食




スポンサーサイト

| 活動報告 | 13:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平成23年度 第1回実務者講習会

5月28日、今年度の第1回実務者講習会が、市原市のアネッサ(姉崎保健福祉センター)で行われました。

県・市・地域防災計画と自主防災活動

47名の参加がありました。


佐久間市長が講演前に激励に来場してくださいました。
佐久間市長


千葉県地域防災計画について
千葉県

市原市地域防災計画について・市原市の防災活動に関する補助制度について
市原市 市原市地域防災計画

みなさん、熱心にメモを取っていました。
講義風景 講義風景2


ロープワーク基礎演習① 結びの基本
ロープワーク講座

新聞紙スリッパ作成
新聞紙スリッパ作成

昼食 非常食体験


次回の実務者講習会は、6月25日です。
地域の状況調査と訓練計画づくり
・街歩き調査体験、防災・ハザードマップ
・「災害と気象について、天気図の演習」(気象庁銚子気象台 職員)
・ロープワーク基礎演習 ①前回の復習 ②結びの応用(ISVNスタッフ)
・昼食は非常食体験(ISVNスタッフ)

| 講演・講習会 | 09:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011.05.21 ちはら台乙月町会防災講演会

乙月町会とのお付き合いも、早いもので3回目となりました。
例年どおり、一斉清掃を終えた小さいお子さんも含んだご家族連れ約500名が
会場となった”桜小学校体育館”での防災講演会に参加しました。

ぞくぞくと会場入り たくさんの参加者



又、清掃作業前と講演会場では、我々市原災害ボランティアネットワークに対する
ボランティア活動支援金の募金を呼びかけてくださいました。



「今、私たちに出来ることは …東日本大震災被災地レポート… 」 
講師:白尾克伸
白尾事務局長 講演風景 今私たちにできること

千葉県旭市や宮城県名取市の被災状況・市原市災害ボランティアネットワークの名取市での活動報告をスライド上映


演習タイム
演習タイム 紙芝居紙芝居
「津波だ!いなむらの火を消すな。」

演習タイム レジ袋活用法レジ袋活用法
いろいろな活用法を学びます
演習タイム 新聞紙スリッパ新聞紙スリッパ
簡単に出来る新聞紙スリッパ


 


~乙月町会の皆様へ~
この度は市原市災害ボランティアネットワークに対しまして
乙月町会の皆様より心温かい”ボランティア活動支援金”を頂きました。
皆様のお気持ちに心より感謝いたします。
まだまだこれから息の長い支援を精一杯続けてまいります。   


| 活動報告 | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絆プロジェクト 第5グループ

第5グループ 5月9日~5月12日
妹尾さん、岩地さん

果たすべき役割を完遂し、無事に市原市へ帰ってきました。
大変お疲れ様でした。


名取市では、仮設住宅の建設も始まり、今月下旬には引き渡しが始まるとのことです。

現地の状況の変化に対応し、これからも支援を続けていきたいと思います。

| 活動報告 | 17:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絆プロジェクト 活動報告

第1グループ 4月26日~4月29日 
白尾事務局長・白尾さん・小西さん・大和久さん  以上4名

おしゃべりサロン
避難所で初めて開設した”おしゃべりサロン”、被災者の方々と直接語り合い、心のふれあいの場を持つことが出来ました。
開設時間中は、ず~っと、入れ替わり立ち代わりで大好評でした。
皆さん、お疲れ様でした。


第2グループ 4月29日~5月2日 
高場さん、木口さん、妹尾さん、古宮さん
4名の皆さんお疲れ様でした。

大の男4人が英知を結集して、果たすべき役割を全うしました。
資機材のタイムリーな充実を図り、資材班の活動を更に効率化することが出来たようですね。


第3グループ 5月2日~5月6日 
土橋さん、澤口さん、西川さん、野村さん、伊藤さん

大人数を投入した中継ぎ陣。
GW中の大勢のボランティアさん対応で大変忙しかったですね。
お疲れ様でした。


第4グループ 5月6日~5月9日 
白尾事務局長、中村さん、小西さん、佐久間さん 

5月9日は東北道の混雑もなく、順調に全員が無事帰ってきました。
いよいよ、市原市から5名の職員が2ヶ月間にわたり、名取市役所での支援を始めます。
 
①ボランティアと職員と名取で 
市原市の西井副市長と池田総務部長が5名の職員の皆さんと私達の激励に来てくれました。


②いよいよ始まった行政支援jpg 
名取市佐々木市長を訪問


③花を咲かせました  
名取市小塚原は、カーネーションの産地です。1度は写真の上の窓ガラスまで津波に浸かったカーネーションですが、5月8日の母の日を前に清楚な花を咲かせました。


④避難所でカーネーションを配る 
被災者でもある生産者の菅井さんが、快く分けて下さいましたので、早速避難所のお母さん達にプレゼントして喜んでいただきました。菅井さん、本当に有難うございました。



第5グループ 5月9日~5月12日
妹尾さん、岩地さん
無事、名取市に到着し、現在活動中です。
 



| 活動報告 | 09:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

支援物資受付終了

ご協力頂きました支援物資募集(詳しくはコチラ)は、おかげさまでほぼ充足いたしました。

つきましては、今回の募集は5月6日(金)を以って受付を終了といたします。


多くのご協力を頂きました皆様に感謝申し上げます。

また、物資の受け入れ協力を頂きました、 ”中国料理 我楽(GARAKU)”の上村哲範オーナー様、ご丁寧な対応を頂き、本当にありがとうございました。

料理も美味しかったですよ!

支援物資と我楽さん

| 情報 | 10:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。