2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010.09.25長南町災害対応セミナー

長南町社会福祉協議会主催”災害対応セミナー”が実施されました。
前回同様、長南町保健センターに住民ボランティア・スタッフ約50名が参加しました。 

 
CIMG1079受付 受付です。

  ここでガムテープに大きく名前を記入
  知らない人同士も、一目で名前がわかり
  テープの色でどういう立場の人かもわかります。
 CIMG1080総勢52名 CIMG1082うちのスタッフ
 間もなく開講です うちのスタッフです


CIMG1093ニーズの受付  被災住民からボランティアの要請が入る。
  
  詳しい聞き取りを行い、ボランティアの派遣が可  
  能か? 難しい判断に悩む場面も。
  
  受付けたニーズから、ボランティア募集票をおこす。
  


 CIMG1097受付
いよいよ受付開始
CIMG1103どの作業にしようか 
自分に向いた作業を探す
CIMG1110待機中 
待機中
CIMG1106貸出し器材 
貸出資機材は本物のレスキューグッズ
    中身を確認するチャンスですね
CIMG1117オリエンテーション  次に受入する班に心構えをレクチャー

  

CIMG1124受付② 
レイアウトも新たに受付始まる
 CIMG1125ニーズ表②

CIMG1130報告書提出  先に駆けつけボランティアを経験したノウハ
  ウを生かし、持ち味の違ったボランティアセ
  ンターが立ち上がった。      


CIMG1133集合
この日は、ファシリデーターした私達も一緒に勉強させていただきました。
長南町の皆様お疲れ様でした。
スポンサーサイト

| 防災訓練 | 23:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010.05~10 実務者講習会実施

◆◆2010年10月9日 第6回実務者講習会 9:30~15:30◆◆

【災害ボランティアセンター立上演習】9:45~11:15
IMG_3720s社協福田氏 
 演習に先立ち
 市原市社会福祉協議会 福田氏より
 災害時のボランティアセンター立上に関する
 座学を受ける

 

 
IMG_3774s受付演習:受入スタッフ側は役割決め、準備を進める
    駆けつけボランティア側は開設を待つ

受付開始(登録・保険の加入等)

待機(ボランティア募集票で自分に合った作業があれば自分の名前を貼って待機)

マッチング:募集人員とボランティアの数が合ったら1つの作業班が誕生

リーダーを選び詳しい作業内容や注意事項をスタッフから聞く

必要な資材等を借り現地へ出発

作業を終えて戻ったらリーダーが報告書を記入・提出

スタッフがボランティア全員が無事戻った事、作業の状況を確認して終了!
  IMG_3792sマッチング

【避難所体験①】11:45~13:00
  全員が避難者という想定で自発的に避難者登録・運営会議を持ち
  各班にわかれて避難所内の作業をこなす
  IMG_3830s避難所HUG説明            各班の運営委員が出て打合せが始まる         
  IMG_3834s.jpg希望する班に名前を貼る
〔総務班〕
  避難所内のレイアウト・居住空間の設営
  名簿作り・ルールの提示

  
  IMG_3860s.jpg
  IMG_3859s食事班
 〔炊出班〕
  食事場所を決め、食事の準備をする

 
      〔施設管理班〕
        ダンボールで間仕切り作成
        オイルランプで灯りの確保
        トイレ組み立て等






 

IMG_3855sダンボール仕切り 
IMG_3861sオイルランプ作成    
  

身障者用組み立てトイレを設営し 全員で検証しました
  IMG_3853s市の簡易トイレ組み立てIMG_3876sトイレ完成  
   IMG_3880s全員で検証 思ったより重くて少人数では組立てが 大変です
 出来上がれば、安定感もあり車椅子も
 余裕で入れました
  
   
 避難所内では
更衣・授乳等プライベートなスペース
  となる三角テント                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
    ペール缶トイレを設置して
    実際に車椅子を使って
    問題点を検証しました

 

IMG_3899s三角テント検証 



避難所の1人分スペースを実感               



横を歩いてみる
 床が太鼓のように響きます
  IMG_3872s1人分の居場所                           IMG_3873s横を歩く



 【昼食】12:00~13:00   
IMG_3908s食事昼食は、照明を落としてオイルランプの灯りで
 


 【余談】



 【避難所体験②】13:00~15:00
 避難所HUG演習…全員が町会役員の立場で次々やってくる避難者を受入れる
  
 
 【閉会セレモニー】15:15~15:30
 まず全員で6回に渡る講習会の終了を記念して記念撮影
 ”皆勤賞”として全回受講者に記念品と市原ISVNより感謝状授与
    ※感謝状(市原ISVNのメンバーが逆に元気を頂いたから)
 5回受講者にも GOネットのEM石鹸が記念に渡されました。

 事務局 白尾克伸の閉会の言葉で、半年にわたり開催された
 22年度自主防災実務者講習会が無事終了いたしました。

この場を借りて、快く講師を受けてくださいました諸氏
又、暑い日もお盆の忙しい日も熱心に足を運んでくださった受講者の皆様
そして全力で支えてくれた市原ISVNのメンバーに心より感謝いたします。

忙しい半年でしたが毎月会える事が楽しみな半年でもありました。
又お会いできる日を楽しみに…


    




◆◆2010年9月11日 第5回実務者講習会 9:30~14:30◆◆

この日は終日、実務訓練を行いました。

【あなたが1日に最低必要な水3L】
 朝一番にまず水運びから、訓練がはじまりました。
 レジ袋での効率良い水運搬法
 又水道局提供の水袋
 これは給水・運搬は楽ですが、便利な弁がネックとなり、鍋に注ぐのに結構時間がかかり悪戦苦闘しました。
 兎にも角にも皆の手洗い・炊飯用の水は十分たまりました。
 手洗いはもちろん穴あきペットボトルで…
 手が綺麗になったところで、ハイゼックス袋にお米の仕込みをします。
 有難い新米ですから、今日は白いご飯で。

IMG_運搬した水IMG_ペット手洗いボトル
 (左)運んできた水はバケツや大鍋に。
   (右)中央は節水手洗い用ペットボトル。


【3分3時間3日】
 野外でのにぎやかな仕込みが終わったら
 体育館にもどり、当ネットワーク事務局:白尾克伸による気付きの演習実施
 大地震が発災したとイメージ……
 揺れがおさまって3分あなたは何をしますか?
 考えた内容はグループ内で提示・話合います。
 人の意見に耳を傾けることで、自分が思いもつかなかったような事に気づくこともあります。
 更に、3時間後、3日後と進みます。
 公助の手が届くまでの約3日間どのように助け合って生き延びるか
 その為には何が必要か、しっかりとイメージしてみましょう。
IMG_3168.jpgIMG_気付き演習


【昼食】
 この日はシンプルにハイゼックス袋で新米の白いご飯とお漬物
 いつもの無洗米より水を少し控えました。
 お試し試食用として、梅干+塩昆布入りも炊飯。

 食後のフリータイムを利用して
  ①食器ゴミの減量の為のノウハウ
  ②新聞紙スリッパ復習コーナー
  ③オイルランプ・キャンドル製作コーナー
  ④ペットボトル活用例のコーナー
 など思い思いのコーナーで演習をしました。
IMG_新聞スリッパIMG_オイルランプ
  新聞紙スリッパ・オイルランプつくりを学ぶ


【応急手当を学ぶ】
 大きな災害が発生すれば、身近で怪我人が出る可能性があります。
 状況にもよりますが、救急車が必ずくるとは限りません。
 安全な場所までの搬送・応急手当・そして救護所までの搬送が必要です。
  ※あなたは自分の地域の救護所を認識していますか?
CIMG1057.jpgCIMG1062応急手当搬送
  止血法・回復体位・搬送法などを学ぶ


【ロープワークを学ぶ】
 おなじみのロープワークですが、覚えても忘れてしまいがち…
 体が覚えてくれるまで、1日1度はロープをさわりましょう。
 1度身につけば忘れることはありません。
 そして、目を閉じていても出来るようになります。
CIMG1063ロープワークCIMG1064ロープワーク応用

CIMG1060三角テント
ロープワーク基礎コースを終え
この日一緒に行動したグループで1貼り
簡易三角テントを設営しました。
出来上がったところで記念にパチリ!


  IMG集合_
ちょっとハードな1日
大変お疲れさまでした!
22年度実務者講習会も残すところ、あと1回
と、なりました。


   
  




◆◆2010年8月14日 第4回実務者講習会 9:30~14:30◆◆

IMG_2648上阪会長
市原市ボランティア連絡協議会 上阪会長

【災害時の医療体制】【クラッシュシンドローム】【トリアージ】について
IMG_2668川越氏 IMG_2670川越氏②
市原市医師会 川越一男氏
千葉県・市原市の医療体制の説明後は、住民による救助活動時に是非知っておきたい
クラッシュシンドローム・住民によるトリアージの重要性について教えていただきました。
大変難しい事ですが、大災害が起これば私達住民が向き合わなければならない問題です。

  詳しくはこちらから クラッシュシンドローム  トリアージ

【防災訓練における安否確認と避難行動について】
IMG_2728白尾 IMG_2726白尾②

【家具の固定方法について】
IMG_2744高橋室内の安全
ISVNメンバー 高橋による”室内の安全について”

IMG_2941固定方法 IMG_2939桟の位置
<左>家具固定法がぎっちり詰まったキットで説明
  <右>”桟発見器”石膏ボードの壁は桟の位置を確認して固定 

【身の回りの物で行う重量家具の下敷きからの救出・搬送】
IMG_2757オリエンテーション
市原市消防局姉崎消防署より8名の署員のご協力により実現しました

IMG_2755お人形 IMG_2753救出グッズ
<左>この日救出される予定の5人の内の1人”五井コウタロー君”
  <右>救出グッズ1式 車のジャッキ・バール・角材

IMG_2784デモ開始 IMG_2785デモ①
隊員による救出開始!国際救助隊の隊員も含む署員の迫力のデモに受講者の緊張も高まる

IMG_2789デモ② IMG_2803デモ③
周囲の安全を確認後リーダーの指示により救出開始。
リーダーは怪我人の頭部間近で呼びかけ、励まし観察を続ける。
ジャッキを支える場所を慎重に選び2箇所同時に少しずつ上げる。
この間もリーダーは絶えず怪我人に状況を伝え、新たな痛みがないか話かける。
  
IMG_2816デモ④救出 IMG_2820デモ搬送
慎重かつ迅速な行動により無事救出成功!毛布に移して安全な場所に搬送。

IMG_2860訓練① IMG_2866訓練②
いよいよ私達の番です。役割を変えて何度も練習。
最初は、ジャッキなど触ったこともないと言う人もいましたが、回を重ねる事により、テキパキと動きも良くなったように思います。

IMG_2874訓練④搬送 IMG_2884③訓練搬送前
<左>五井コウタロー君、無事救出!  
<右>怪我人を移動させるときの毛布の準備(たたみ方)です。
移動したら怪我人を毛布で包み、1人でも搬送可能となります。
 
IMG_2898訓練⑤
実技終了後、各班の担当署員よりきめ細かい注意や指導、又質問にも丁寧にお答えいただきました。

この日はお盆の中日にあたり、参加者が予定より十数名少ない状態でしたが、43名本当に充実した1日の講習でした。
大掛かりな資機材を携えて講習をしてくださいました姉崎消防署員の皆様に心より感謝いたします。

大災害に見舞われたら・・・怪我をして動けなくなったら・・・
身近にいる隣人が頼みの綱です。
一刻も早い安否確認、力を合わせた救出活動。
そして地震が起こっても怪我しないよう平常時からの備えが大切です。




◆◆2010年7月10日 第3回実務者講習会 9:30~12:30◆◆

IMG_2140.jpg IMG_2146地図準備
<左>この日は体育室を利用  <右>来た人からDIGの地図を準備

【災害時要援護者からのメッセージ】
IMG_2179佐藤氏
心身障害者福祉団体連絡協議会 会長:佐藤通安氏

【地域を知ろう!DIGによる災害図上訓練の実践】
IMG_2205お誕生日ゲーム IMG_2244グループワーク
<左>お馴染み”お誕生日ゲームでグループ分け
   <右>住宅地図や防災マップでグループワーク

IMG_2250収容人数確認
避難所収容人数の確認

DIGを通じて、災害をイメージ。街にある危険箇所・危険要因を確認
又、思わぬ街の財産にも気つく。
地元でも、実際に街歩きをしてみてはいかがでしょう。




◆◆2010年6月12日 第2回実務者講習会 9:30~12:30◆◆

IMG_2003市長 IMG_2029.jpg
受付が混雑中の開始前、佐久間市長が来館
お忙しい中、数十分にわたり市の防災行政等についてお話をいただきました。

【地震災害】防災マップの解説
【河川氾濫】ハザードマップの解説
【市原市防災アセスメントについて】
 先月に引き続き、市原市防災課 齊藤・花澤両氏に解説いただきました。

【耐震診断の実施例について】
 先月に引き続き、市原市建築部建築指導課 渡邉氏の解説

【地域の情報収集について】
 ISVN事務局長 白尾




◆◆2010年5月8日 第1回実務者講習会 9:30~12:30◆◆

IMG_看板 IMG_1167受付
<左>開催要項です      <右>いよいよ第1回講習会の受付がはじまる

IMG_1182講習風景
ISVN(市原市災害ボランティアネットワーク)事務局長”開講あいさつ”

【千葉県地域防災計画の概要について】
P1200829千脇 P1200833小林
千葉県総務部消防地震防災課 千脇・小林両氏

【市原市地域防災計画の概要について】
IMG_1205.jpg IMG_1217.jpg
市原市防災課 齊藤・花澤両氏

【耐震診断の概要について
IMG_1220.jpg 2007.7.21ボラセン立上げ訓練
市原市建築部建築指導課 渡邉氏    ”すじかいパワー”実証

♪休憩たいむ♪
IMG_1212スリッパ IMG_1201ホット!コーヒー
<左>新聞紙で避難所用スリッパ作り <右>ほっと一息 コーヒーコーナー

| 活動報告 | 09:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010.09.04 市原市防災訓練

9月5日の本会場訓練の前日、戸田小学校体育館にて避難所訓練と、校庭で野営訓練が行われました。
野営訓練とは、避難してきた住民が体育館に入りきれない場合を想定したもので、市内のボランティアと地元住民を含む70名が運動場で、21:00までさまざまな訓練を行いました。

サテライトVC14:30 戸田コミュニティセンターに
サテライトボランティアセンター開設

ボランティアはここで登録を行い、戸田小学校へ派遣される
受付15:30 野営訓練受付

市内の様々なボランティアが参加

ボランティアは、事前に講習や訓練に参加して当日に備えました

支えあい避難所入り口 暑い中のご参加ありがとうございました
避難所内地元避難住民でうまった体育館 夕刻とはいえ室温は高い
福祉避難所ダンボールで仕切られた福祉避難所
探検隊活動バリアフリーワーキング市民グループによる、避難所内バリアフリー探検隊
  
障害をもった方の利用での問題点・改善点などを調査しました
白尾講演白尾による啓蒙講演

まずは、 ”自分の家で怪我しないよう”

家に帰ったら家具固定・ガラス飛散防止
そして出来れば耐震診断を!
レジ袋の縛り方水をもらうレジ袋の漏れにくい、持ち易い、解きやすい結び方をおそわり…

炊出しに必要な水をもらいます
ハイゼックス仕込みバーナー炊出し風景
皿準備カレー皿はポリ袋をかぶせてゴミ減量作戦
ゴミ分別GONET今野さんのゴミ分別コーナー
手洗い用ペットボトル使用済みペットボトル利用
節水手洗いボトル

蓋に小さな穴を開け水を入れる
1.5L炭酸飲料のボトルが使いやすい

ロープワーク基本テント 終始にぎわったロープワークセクション
ランプの芯作りオイルランプとキャンドル左:ティッシュでランプの芯作成

右:暗闇で存在感を増す缶キャンドルとオイルランプ
食事この日のメニューはハイゼックスご飯にカレーをかけて…
撤収準備日もどっぷりと暮れて撤収開始 21時撤収終了!

避難住民の参加者も含め70名の訓練が無事終了しました。
ボランティアの皆様大変お疲れ様でした。 

| 防災訓練 | 15:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。