2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.07.31 「バリアフリーワーキング現場ウォッチング」に参加して

報告 市原市災害ボランティアネットワーク 事務局長 白尾克伸


近年の防災対策では、災害時要援護者への配慮が不可欠となっています。
しかし、防災活動での具体的な取組み方に、研究すべき課題が多々あります。
その多くは、災害時に限定して発生するのではなく、日常から潜んでいる問題が、災害時に露呈するだけのことのように思います。
かねてより、自分自身、バリアフリーについて、踏み込んだ理解が必要だと考えておりました。

折しも、市原NPO協議会の妻川征臣さんにお声掛け頂き、活動に参加させて頂く事になりました。

2009年7月31日 13:20 ~ 市原青少年会館に於て

主催 バリアフリーワーキング市民グループ 

協力 市原市心身障害者福祉団体連絡協議会
    市原市(道路建設課・交通政策課・障がい者支援課
    市原NPO協議会

内容 JR八幡宿駅西口付近のバリアフリー重点整備地区となっている整備予定地区を
    市民と行政の方と一緒に点検して歩き、より良い整備を推進するとの事でした。

普段、何気なく利用している歩道ですが、健常者に混じって、自転車やベビーカー、車椅子で利用される方、杖や白杖を使っている方、聴覚に障がいのある方など、様々な市民が日常的に利用しているわけです。

今回は、①舗装の改善 (透水性舗装にして滑りにくくする。)
      ②勾配の改善 (5%以下にする。)と段差の改善
      ③障がい者誘導表示の改善(明るい黄色にする、材質を割れにくい樹脂製に変更する。)
事が骨子との事でした。
道路建設課市道班の中島氏 道路建設課市道班のの中島さん

説明を受ける参加者説明を受ける参加者









改良の場所改良の場所2熱心に意見交換が進む
熱心に意見交換が進む


 
現場を歩いてみて参加者が気がついた点は以下のような事でした。
穴に杖が挟まる①U字溝のふたに穴が開いており、白杖や車椅子のタイヤが挟まったりして危険である。
生い茂ったフォ同の樹木②街路樹や植樹帯の手入れが悪いと生い茂って歩道を塞ぎ、邪魔になってしまう
誘導板そばの電柱③電柱が歩道を塞ぎ、障がい者誘導表示のすぐ近くにあったりして、危険である。
④歩道が左右にくねって通行しにくい。
進路をふさぐ自転車⑤何気なく置かれたものが事故を招く
割れた誘導板⑥現状では、障がい者誘導表示板が割れたり欠損したりしている。
⑦グルーチングの網目が大きいと白状や車椅子のタイヤが挟まって危険である。
進路の妨げとなるスロープ⑧歩道上に建物に入るためにスロープが設置されていて、歩道を通行する側から言うと障害となっている。
尚、この工事は、間も無く開始して、本年12月頃に完成するとの事でした。
参加した感想 
視点を変えて、一緒に歩きながら教えて頂いた事で様々な発見がありました。
災害時の避難路や避難所には、利用者の立場にたって、様々な特別な配慮が求められる事があります。
これから、本当に何が必要なのかを更に深く考えてゆきたいと思いました。
      
スポンサーサイト

| 活動報告 | 15:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.07.25 「H21年度災害対応セミナー」に協力・参加

趣旨:普段からの「顔の見える関係」づくりを目指し
   災害時に円滑かつ効果的なボランティア活動が展開できるよう
   講演と演習を通して学ぶことを目的とする

主催:社会福祉法人市原市社会福祉協議会
   市原市ボランティア連絡協議会
   (協力 市原市災害ボランティアネットワーク)

日時:平成21年7月25日(土) 9時45分~16時00分

会場:市原市姉崎保健福祉センター(アネッサ) 体育館

参加者 ・市原市ボランティア連絡協議会会員
      ・一般市民(町会、自主防災会、ボランティア関係者など)
      ・市原市社会福祉協議会支部関係者
      ・市原市社会福祉協議会職員
      ・県内近隣社会福祉協議会職員      総勢約120名

<午前の部> 講師:生活共同組合ちばコープ理事長スタッフ 水島重光氏
  「災害時における地域での助け合い活動と社協の役割」

水島マップシュミレーションワークショップ
  講演の後は 各班でのワークショップ”MAPシュミレーション”

<昼食>非常食の試食
P1010041.昼食jpg

アルファ米:手軽で美味しい
おかずの缶詰:少々甘いが良く味が染み込んでいる
           ・・・汁が多かった
パンの缶詰:美味しいが喉が渇く感じ
クラッカー(リッツ):普段から食べ慣れているのでGOOD!


<午後の部> 講師:社会福祉法人匝瑳市社会福祉協議会 清藤伸氏
  演習「ボランティアセンター立上げ運営訓練」

受入側打合せⅠ受入側打合せⅡ
  座学を終えワークショップ開始。ボランティア受入担当グループが打合せを始める

白尾オリエンテーション
一方駆けつけボランティア側は
ボランティアの心得を学ぶ

  ・被災地に負担をかけない
  ・自分にことは自分で守る
  ・最低限のマナーを忘れない


看板受付班
  駆けつけたボランティアさんへ感謝のメッセージ…
       右は受付班:ここでは受付票チェック・登録・保険の確認、手続きをおこなう

V募集票ⅡV募集票
  自分の名を書いたポストイットを自分に合ったボランティア募集票に貼る

待機活動支援班
  待機後、活動グループが決まれば話し合ってリーダーを決める
        ボランティア派遣・活動報告書や地図等を受け取る

出発前オリエンテーション機材貸し出しⅡ
  グループでミーティング、又スタッフより活動内容や注意事項等説明を受ける
       右は資機材貸付班:ここで必要な資材を受取り活動先へ出発。 

**ボランティア活動**

お疲れ様でした!
帰着したら資材返却後、活動内容などについてスタッフとミーティングを行い、リーダーは活動報告書をスタッフに提出する。余裕があれば再度活動選択に移動し待機する。1日のボランティアが終了したら”ボランティア登録証”を返却する。

このような流れの演習を班を入れ替えて行った。この演習も今年で三年目。わがままなボランティア役に悩まされながらも、その対応ぶりに継続の大切さを感じた次第です。

全体写真s

| 活動報告 | 10:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.07.18 災害時サバイバル講習会

昨年までは、隔月目標で回数をこなしてきた災害時サバイバル・応急手当講習会ですが本年度は1回に凝縮。
市原市ボランティアセンター、市原市姉崎保健福祉センター、市原市ボランティア連絡協議会の共催での開催となりました。
市原災害VNからは、13名のメンバーがスタッフとして協力しました。

午前の部サバイバル講習会(参加者45名)
ワークショップ





三角巾 みんなが無事生き残る為に…備えの必要性への気づき
三角巾 家具の固定体験
三角巾 生き残った時にまず必要なものを考える(枕元に置いておこう)
三角巾 灯りの確保(身近な材料でオイルランプ2種)
三角巾 ペットボトルの様々な活用
三角巾 ハイゼックス袋による炊飯法を知る
野外の演習体験


三角巾 緊急トイレの製作、ペットボトルの手洗器
三角巾 ロープワークの基礎習得
三角巾 三角テント製作
昼食新聞紙のランチョンマットに手作りランプの明かりで ”いただきまーす”
<メニュー>
みんなで作ったご飯、簡単味噌汁、あっという間のチーズリゾット、缶詰パン、その他
午後の部応急手当講習会(参加者32名) 
指導:市原市消防局員6名  補助:市原災害VN普通救命普及員5名
三角巾 AEDを含む心肺蘇生法と応急手当

自己紹介から始まったワークショップ風景
ワークショップⅠワークショップⅡ
オイルランプ作りハイゼックス袋のご飯を仕込む
オイルランプハイゼックス

トイレオイル缶を利用した簡易トイレです

この空缶は非常持出品を収納しても便利。
蓋をしてクッションをおけば腰掛にもなり、リビングの隅にでも置いておけば いざと言う時そのまま持ち出せます
                       

ロープワークテントⅠ
テントⅡ出来上がったらこの笑顔!

このテトラテントは支柱が1本
工夫すれば体育館でも自立します

避難所内でのプライバシー保護(更衣・授乳等)
一時避難・トイレシェード等に
昼食応急手当


集合写真(土橋).横長版jpg

朝から夕方までの講習会、小・中学生も含めた参加者の皆さん大変お疲れ様でした。
それぞれに”気づき”を持って帰ってこれからに生かしてもらえれば幸です。

又、裏方に徹して汗をかいて頑張ってくださいました
市原市ボランティアセンターと姉崎保健福祉センターの職員のスタッフに
心より・・・”お疲れさまでした”

| 活動報告 | 15:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.05.31座間「防災・減災活動体験フェアー」支援

     ざま災害ボランティアネットワーク主催

     2009年5月31日
     座間市かにが沢公園

     昨年市原で行った”災害ボランティア応急訓練in市原”と同じく
     全員参加型で、参加費徴収という異例の訓練。
     169名(スタッフ含む)が結集し、様々な体験をしました。
     
     市原からは、メンバー6名が応援に駆けつけました。 
     神奈川県内外のセーフティーリーダーと協力
     ロープワーク・簡易テント・オイルランプ2種・簡易トイレ展示コーナーを
     受け持ち、広域連携を深めました。   


テントテントⅡ

トイレ展示カレーライス


     集合1


| 活動報告 | 16:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.05.06光風台4丁目北町会”防災フェアー”

<参加し、体験し、備えについて工夫する>

  光風台4丁目北町会では初めての試みの住民参加型防災フェアー、
  自主防災会が自分達でやり遂げよう!と万全な準備が成されていました。
  当ネットワークメンバーは、あくまで見守りというスタンスで3名の支援。

  あいにくのお天気でしたが、子供たちの参加も多く、それぞれのセクションで
  家族連れでゆっくり楽しみながら…
  そんな町会ならではのフェアーでした。

  又、近隣町会や地区町会長の参加・見学等もありました。
  このような参加型の訓練から防災意識の種が芽を出し広がると嬉しいです。

看板 受付テント

作業台
組み立て式作業台
お手製だけあって、使い勝手がよさそう

簡易テント火お越し
  公園のうんていを利用した簡易テント>

家具固定展示
家具固定の展示

テトラテント基地
基地に変身

.
支柱1本で自立するテトラテント

| 防災訓練 | 17:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。