≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011.07.02 全国要約筆記問題研究会 防災ミニ講座

 
sCIMG0710ふれあい212回目となる全要研”防災講座”
今回は松戸市”ふれあい22”で
開催されました
sIMG_8184打合せ 
全要研ボランティアスタッフと打合せ
sIMG_8191△テント 
黒←は三角テントミニチュア版!

sCIMG0714講演 
講演:地震への備え、心構えを学ぶ
sIMG_8221OHP.jpg 
OHPを使用 参加者全員に情報を示す

sIMG_8252筆談グループワークは、すべて筆談

避難所などでは、難聴者や精神に障害のある方は外見では判断できません。
私達は、いろんな人達が避難所に来られる事を予測しておく必要があります。
sIMG_8288DIG見守り
DIGが始まり、見守るISVNスタッフ
sIMG_8270発表 
話合いの結果をリーダーが発表

sIMG_8359ロープワーク昼食後は、グループに別れ
生活に役立つ ロープワークと
災害時の応急手当・搬送など
実技を交えて学びました
sIMG_8347応急手当①sIMG_8372搬送

sIMG_8327オイルランプ
暖かな手作りランプに心も和む
sIMG_8382集合 
参加者スタッフ全員36名で 
”はいチーズ!”




要約筆記とは・・・
聴覚障害者(とりわけ中途失聴者など、第1言語を手話としない方向け)への情報保障手段の一つで、話している内容を要約し、文字として伝えることをいう。
要約筆記作業に従事する通訳者のことを要約筆記奉仕員と呼ぶ。
あくまで「要約し、通訳する」ことであり、速記とは内容が異なる。
スポンサーサイト

| 活動報告 | 15:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011.01.30 横浜市戸塚区 防災フェスティバル

とつか災害ネット 防災フェスティバル

  講演 「災害を知って、身近なことから創めよう!」
  講師  白尾 克伸

  体験・気づきコーナー
      ロープワークや手作りオイルランプコーナーを担当
      熱心な参加住民と交流しました。

   フェスティバルの様子はこちらご覧下さい   

| 講演・講習会 | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010.08.01 千葉市聴覚障害者協会 防災訓練

主催:千葉市聴覚障害者協会
日時:22年8月1日(日)10:00~15:00
場所:千葉市療育センター
参加者:市内聴覚障害者45名、通訳8名

企画は当協会の防災班。
市内の聴覚障害者・手話サークル・手話通訳が協働で防災に取り組んでいます。
相談をうけた市原市SVNより7名が出向き応援、災害時を想定した気づきのワークショップ、生き延びる為のサバイバル訓練などの支援を行いました。
見るだけでなく、障害のある方も一緒に触ったり・作ったり・考えたり・・・を体験しました。
”千葉県災害対策コーディネーター同士”の繋がりで実現したこの訓練、地域を越えて横の連携の輪が又一つ広がりました。

CIMG0841.jpg会場となった千葉市療育センター
CIMG0801.jpgまずは自分が食べるご飯の仕込み。ハイゼックス袋利用です。
少ない水で炊飯ができ配給も簡単。
この日は白いご飯を炊きました。
Img_1441.jpg地震災害をイメージするワークショップ。
グループで話し合い人の意見も聞くうち、新たな気付きが生まれる。
CIMG0826.jpgCIMG0828.jpgここで一息
避難所で役立つ新聞紙の手作りスリッパ作り

早速試し履き~

新聞紙って意外と保温性有、他にも色々な事に利用できます。
全部回収に出してしまわず、一締め常備しておきましょう。
CIMG0821.jpg炊きたての白いご飯にお漬物 ”美味しいよ” の嬉しいメッセージ♪
CIMG0848.jpgCIMG0846.jpgロープワーク基本を練習後、簡易三角テント設営
ロープワークは一日にして成らず!
体で覚えるまで毎日練習しましょう。
CIMG0835.jpgCIMG0839.jpg暗闇を照らすオイルランプ作成中

出来上がりにこの笑顔

空瓶・ティッシュ・ホイル・サラダ油で出来るんです
CIMG0856.jpg総勢53名が参加

一部野外での訓練もありましたが 、明るい笑顔・真剣で意欲的な取り組みに私たちも大いに力をいただきました。

 
  


| 防災訓練 | 15:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010.02.28長南町社協災害対応セミナー

市原の隣人である長南町
  この日、長南町社会福祉協議会主催の”災害対応セミナー”実施にあたり
   市原災害ボランティアネットワークより7人が支援にでかけました
   車でわずか30分余り、思っていたより近い隣町でした。

長南町のみなさん 48名
長南町社協スタッフ8名と私達 総勢約60名での活気あふれたセミナーとなりました 

P1200485.jpgP1200481.jpg
 長南町社会福祉協議会会長とスタッフ全員で顔合わせ 「宜しくお願いします!」

午前中は白尾による座学と災害時図上訓練(DIG) 
午後はワークショップ形式でロープワーク・手作りのランプ・応急手当の
各セクションをグループで体験しました

P1200495.jpgP1200512.jpg
 左:受付を済ませた参加者が受付係りになって活躍
   右:司会をつとめる長南町社協 河野さん(共に昨年DIGを学んだ仲間です)

P1200508.jpgP1200538.jpg
 左:とても熱心な印象をうけた長南町の皆さん
     右:身振り手振りのお誕生日ゲーム ♪♪

P1200531.jpgP1200559.jpg
 左:ゲームで編成されたグループが今日の仲間、まずはハイゼックス袋の炊飯準備
   右:午前のメインメニュー 真剣にDIGに取り組む

P1200567.jpgP1200568.jpg
 左:やっぱり楽しい食事タイム 自分で仕込んだ名前入りのご飯です
     右:大好物のカレーにご満悦の白尾です

P2280251.jpg
この日は受付の横で
  物静かに皆さんの様子を見守った
     トイレ達


午後のセクション巡り
P2280266.jpgP2280262.jpg
 ロープワーク基礎編を終えて、  次は何が出来るの???

P2280263.jpgP2280264.jpg
 左:完成後記念撮影       右:実演中

P2280278.jpg 
 手前がキャンドルセクション
 奥の畳部屋は応急手当
 贅沢なスペース取りで
 にぎやかに巡ります


P2280258.jpgP2280269.jpg
 左:優しく照らすオイルランプ
    右:毛布での搬送の様子(他に止血法、傷の手当、回復体位等を実施)



朝から冷たい雨がふる、あいにくのお天気でしたが、大勢の参加者と熱心な取組みで、活気に満ちたサミナーでした。
又、長南町社協の会長をはじめスタッフの方々の、裏方になったり盛上げ役になったりの働きぶりが印象的でした。

長南町社協の河野さんは千葉県災害対策コーディネーターのメンバーです。
この日応援に行ったメンバー7名も偶然ですが全員、同コーディネーターです。
平常時より、近隣同士顔の見える関係を築き、なにかと助けあえる関係があるのは心強いものです。

| 防災訓練 | 17:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.05.31座間「防災・減災活動体験フェアー」支援

     ざま災害ボランティアネットワーク主催

     2009年5月31日
     座間市かにが沢公園

     昨年市原で行った”災害ボランティア応急訓練in市原”と同じく
     全員参加型で、参加費徴収という異例の訓練。
     169名(スタッフ含む)が結集し、様々な体験をしました。
     
     市原からは、メンバー6名が応援に駆けつけました。 
     神奈川県内外のセーフティーリーダーと協力
     ロープワーク・簡易テント・オイルランプ2種・簡易トイレ展示コーナーを
     受け持ち、広域連携を深めました。   


テントテントⅡ

トイレ展示カレーライス


     集合1


| 活動報告 | 16:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009.02.15川崎市幸区防災訓練支援Ⅱ

今回が2度目となる幸区防災訓練支援は、中原地区。参加者900人以上・・・。住民の防災意識の高さを実感。災害救援ボランティア推進委員会応急部会と有志・当ネットワークメンバー入り混じって18名で支援に駆けつけました。どのセクションも黒山の人だかり状態。更に充実したセクションをご紹介します。

防災クイズクイズで語らう
防災クイズで交流です

ぜんざいコーナー伝言ダイアル
左:ホット一息”ぜんざいコーナー”   右:”171”伝言ダイアル体験ブース

階段避難車プロパン発電機
左:【階段避難車】エレベーターが使えなくなっても、1人の力で階段を降りれる優れ物
右:【プロパン使用の発電機】5kgのプロパンで約10時間発電可能

ロープロープ①
右:1人ずつ丁寧に指導     左:”もやい結び”忘れないでね

三角テント簡易トイレ
おなじみ”支柱1本の三角テント”と”手作り簡易トイレ”

ランプ集合
左:空き缶+ロープ、空き瓶+ティッシュ 身近な材料で作れるオイルランプ
   右:階段移動車に乗った中村委員長と支援スタッフです 
















| 防災訓練 | 11:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008.12.06 とつか ボランティアフェスティバルに参加

横浜市戸塚区 とつか災害救援活動ネット主催 ”ボランティアフェスティバル” の応援に、災害救援ボランティア推進委員会応急部会メンバーと、当ネットワークメンバーが駆けつけました。
とつか地区センターでは、終日地震災害に関する講演会が催され、災害ボランティアセンターシュミエレーション体験やビデオ、体験コーナーでは、防災グッズ展示・非常食体験・子供消防士制服体験・防災クイズなど盛り沢山。
中でも簡易トイレのコーナーでは、女性ならではの、きめ細やかな工夫をこらしたみかん箱を3個使ったトイレに感激!作り方を教わって帰り、先日作ってみました。
   …お陰で年末年始、箱入りみかんを買い込んでみかん攻めの毎日でした(笑)
千葉でもひろめたいと思います。
私たちは、ロープワークとブルーシートテントの展示を担当しました。

ロープワークコーナーの三角テント高橋さんのロープワーク作品

PC063489ロープワーク

左上:おなじみ三角テント展示
上:メンバー”Tさんの力作”
左:ロープワークコーナー
>

PC063492_トイレ①PC063493トイレ②PC063494トイレ③

左:1箱目補強材として 中:本体に15cm×20cmの穴を開ける 右:ナイロン袋と紙おむつをセット
残り1箱に消耗品(オムツ・ゴム手袋・ゴミ袋・新聞紙・ガムテープ)を収納
用を足す時はこれが下の台に、終了後は上に置いて蓋となる!


PC063522集合


戸塚区地区センター ロビーにて

皆様、早朝よりお疲れさまでした!














| 防災訓練 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008.09.07 川崎市幸区総合防災訓練に参加

川崎駅から歩いて5分程の南河原中学校で開催された防災訓練に出展参加しました。
付近は、高層ビルが立ち並びその谷間にある南河原中学校に付近の住民の皆さん700名が参加されました。
にわか雨対策用にブルーシートで大型テントを設営しましたが、結局、晴天に恵まれ日除けとして活躍しました。
市原市と川崎市は海を挟んだお隣さん、今回は5月に開催した「災害ボランティア応急訓練in市原」がきっかけとなり、市原市災害ボランティアネットワークと災害救援ボランティア推進委員会の有志とのコラボレーションで12人が応援で駆けつけました。

着実に地域を越えた顔の見える関係作りが進行しているなぁと実感しました。


展示内容
 ①ロープワーク基本
 ②ブルーシートのテント
   大型テント・キャンディーテント・三角テント
 ③緊急時手作りトイレ展示・説明
 ④原始の火おこし体験
 ⑤手作りオイルランプ講習 など

1準備中3参加者700人
  左:準備中…            右:700人の参加者

7火おこし①9お母さんと火おこし
  ついつい夢中になってしまう火おこし体験/お母さんと一緒、かわいいなぁ~。

元三人娘5熱心なロープワーク
  左:現役のかしまし娘隊        右:ロープワーク基本

16職員の方と2
中村武彦委員長・川崎市職員の方と ハイ!チーズ!


また、来年2月か3月は日吉地区の日吉中学校で開催の予定
 

| 防災訓練 | 20:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008.09.03 伊勢崎市社協からの表敬訪問

伊勢崎V画面
白尾部長プレゼンより


大型バスに乗って、伊勢崎市社会福祉協議会と伊勢崎市ボランティア協会の25名の皆さんが市原に到着。防災に力を注いでいる市原市ボランティア連絡協議会との交流と、市民活動センター(ほっと)の施設見学を目的とした訪問です。
宮野センター長の挨拶の後、上阪会長と白尾防災部長が市原市V連協の経緯や防災活動の現況などを紹介しました。
宮野センター長上阪会長白尾防災部長

<左から> 宮野センター長   上阪会長   白尾防災部長


伊勢崎市ボランティア協会の構成員は、殆どが女性という事。”かかあ天下とからっ風”の本場:上州の女性の包容力と底力を感じた次第です。伊勢崎市ボランティア協会会長の堤しづ子様よりの質問や、心温まるお言葉がありました。
チャーミングな堤しず子会長②ボランティア協会の皆さん
笑顔がチャーミングな堤会長 と 伊勢崎市ボランティア協会の皆様

これを機に同じ志を持つ者同士、又防災の絆がさらに深まる事を期待します。

| 活動報告 | 09:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白子町社会福祉協議会 勉強会

2月29日 千葉県長生郡白子町の社会福祉協議会のお招きで、「地域防災の重要性と災害ボランティアセンターの役割について」と言う演題で2時間お話してきました。

<白子町はここ>
白子町マップ白子町は、太平洋に面していて地震と同様に津波対策も急務の課題との事でした。
2月24日に発生した、富山県入善町の高波被害も決して他人事ではありません。

今回、このような機会をいただき、交流のきっかけが生まれました。同じ房総半島の近隣地域がますます交流を深め、災害時の相互協力が出来るように、ボランティア活動の輪が広がる事を望むばかりです。

午後6時からの開催でしたので、皆さんお疲れだったと思いますが、熱心にご参加頂きありがとうございました。今後とも、宜しくおねがいします。   事務局長 白尾



     白子町社会福祉協議会
白子町参加の
     白子町社会福祉協議会が入っている建物        参加者の皆さん

| 活動報告 | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。